消費者金融だと専業主婦の借り入れはできないの?

専業主婦が利用できるカードローンは、主に銀行のものとレディースキャッシングのものだと言われています。
一方、キャッシング機関としては消費者金融もあります。
しかし「一般的に消費者金融で働いていない専業主婦が借り入れを行うのは不可能」という話も最近出てきました。
これはなぜなのでしょうか?


収入を持っていない専業主婦にお金を貸すのはリスキー

どんなキャッシングにおいても、「安定した収入」を持っていることが申し込みの条件だと言われています。
ただ専業主婦の場合は、配偶者貸付というのができるため働いていなくてもお金を借りることができるとされてきました。
しかし、キャッシングで経営を成り立たせている消費者金融は収入を持っていない主婦にお金を貸すのはリスキーなことだと判断し、借り入れを断るようになったのです。
また、レディースキャッシングの場合は夫の同意書や夫婦関係を証明する書類をもとに審査を行えますが、消費者金融は融資までのスピードに非常にこだわっているため、そのような書類の真偽を判断するのに時間を割けないようなのです。
以上の理由から、専業主婦がサラ金でお金を借りるのは難しくなってしまったのです。


専業主婦にはレディースキャッシングという味方がいる

そんな主婦のために現れたのが、女性専用の消費者金融とも言われるレディースキャッシングです。
こちらだとスタッフは全員女性ですから同性で話し合いができますし、即日融資をすることも可能です。
また、配偶者貸し付けという形態をとっているので夫に安定した収入があれば誰でも利用することができます。
もし銀行でお金を借りられない事情があるのなら、こちらのローンを利用してみるといいでしょう。